へいちゃんのFX

スキャルピングをメインにトレードしています。勝ちトレーダー目指して頑張ります

定年退職された方の話

うちの会社を定年退職された方が、僕の営業所に保険の営業に来た。

 

その方は会社を定年退職された後、再就職できず、しばらく無職だったとの話。

 

今は、うちの会社の下請けの会社の社員として働いているそうです。

 

その方は、うちの会社で工場長になり部下は300人おり、年収は1000万円位あったそうです。

しかし、定年退職された後、無職になってから収入が全くなく、ただただ資産が減るのみで、これからの生活をどうするか、毎日、考えていたそうです。

 

その後、うちの会社の下請けに拾ってもらったそうです。

 

その方は、これからの時代は、収入も会社もどうなるか分からないから、保険を見直して支出を減らしましょう、と言っていました。

 

僕はこの話を聞いて、正直、なんて滑稽な話だと思いましたね

 

部下は300人、年収1000万円、それが無職になり、収入0

 

僕のFXに対するモチベーションは、ここだと思いますね。

 

会社にも、国にも頼らない、自立した人生を歩むには、「自分でお金を稼ぐしかない」

と、改めて思いました。

 

正直、僕は、まだ、自立できていません。

 

まだまだだけど、頑張るぞ!!

 

f:id:heichanda:20170515164247j:image

 

 

 

 

 

5月12日の日報

f:id:heichanda:20170512234914p:image

 f:id:heichanda:20170512235204p:image

 

今日は、プラスで終わります

あと、実は、今日はスマホトレードでした

 

やっぱり、パソコンの方がいいですね

 

値動きや約定のスピードが全然ちがいますね

 

最近、信念の話を聞きました

 

また、お話します

 

 

 

5月5日から5月11日の結

f:id:heichanda:20170512113741p:image

f:id:heichanda:20170512113738p:image

 

今週の結果です

 

負けている理由は、マイナスになった時に、損切りできないことですね

 

マイナスになって、逆指値になるまで、塩漬けするなってことですね

 

僕はスキャルなので、損切りは3ピプスに置いています

 

でも、危ないなと思ったら、2ピプスで切れたら、1ピプス分を得するということだと、思います

 

なので、今日の名言

 

f:id:heichanda:20170512170008j:image

 

 

 

 

 

5月10日 日報

f:id:heichanda:20170511051752p:imagef:id:heichanda:20170511051756p:image

 今日もマイナスです…がちょっと分かった気がします

 

ぼくの負けパターンは、エントリーしてマイナスになった時に、そのまま、マイナスで終わるのが嫌なので、建値まで待っていたら、結局、逆指値になるというパターンです。

 

 

一度、マイナスも一桁になって、建値付近まで戻るのですが、戻ったら戻ったで、次はプラスになるだろうと淡い期待をしてしまい、最終的に、逆指値になります。

 

課題は、マイナスが二桁になって、その後、マイナスが一桁や建値に戻ったときに、どれだけ早くイグジットできるか、だと思います。

 

一桁のマイナスをどれだけ許容できるか、それが課題ですね

 

 

手法については、1分足もしくは、5分足の中段持ち合いトレードが向いているかも、と思いました。

 

ぼくは、トレンドに乗るのが苦手かも、なので

これについては、もっとを研究していきます。

 

 

5月9日 日報

f:id:heichanda:20170509231322p:imagef:id:heichanda:20170509231327p:imagef:id:heichanda:20170509231332p:imagef:id:heichanda:20170509231337p:imagef:id:heichanda:20170509231314p:image

 

ダメ、ダメだ

一つは、ポジポジ病になってしまう。

10ピプスをとった後、「この勢いでポジションをとったろー」と意気込むと、たいていやられる。

利が乗って、「もうちょっと利益が取れたのに」と思うと、エントリーし

てしまう。結果、そのエントリーのポジションは、最高値であることが多いので、損切にあって、勝ちを吐き出してしまう。

悪循環だ。

 

改善するには、勝ったあとにこそ、もっと慎重にならないといけないことだな。

 

二つ目は、エントリー手法についてだ。

僕はトレンドが出ているときは、小さなトレンドラインを割ったらエントリーをしているのだけれど、どうも自分に合っていない気がする。

思ったほど利は、伸ばせないし、逆行して、損切にあうことが多い。

 

これについては、もっと技術を磨くか、やり方をかえないといけないと思う。

 

これについては、一つ思いついたことがあるので、検証して、実践していきたい

 

5月8日の日報

f:id:heichanda:20170508231544p:image

f:id:heichanda:20170508231551p:image

f:id:heichanda:20170508231557p:image

 

f:id:heichanda:20170508231603p:image

 

前半は、負けていたけど、集中力もあったが、後半は、適当なトレードもあり、大負けにつながった。

やっぱり、スキャルピングはトレード回数が多いので、後半の集中力がもたないなー

しかもトレードもへたくそなので、余計に疲れる。

 

今日は、ドル円のの買い方向でエントリーをしていた。

1分足のブレイクアウトを意識してエントリーしたけど、全て失敗に終わった。

この失敗は、僕にとっては大きな発見で、僕には向かないと分かったからだ。

 

ルールの一つに「ブレイクアウトには飛び乗らない」という項目を付け加えることにしようと思います。

あと、あと一つ、5分足はトレンドの押し目付近の時、1分足は中段持ち合いになっている場合、1分足はレンジの下限のボリバンの2σ若しくは、3σタッチで反発していたので、次は、中段持ち合いを取りに行きたいです。

ありがとうございました。

4月29日から5月5日の結果

f:id:heichanda:20170506220627p:image

  f:id:heichanda:20170506220633p:image

 

1 指標後、直ぐはエントリーしない

反省点

● 激しい値動きになった時に飛び乗ったら、スプレッドが4.5もあり、さらに逆方向に動き、えらい損切りにあった

改善点

● 指標後(21時30分)は、動きが一服するまでエントリーしない

 

2 パソコンが使えない時はエントリーしない

反省点

● 出先でちょっと相場を見ただけでいけると思い、エントリーしてしまい、結果的に損切りに遭う

改善点

● パソコンのない場所でやらない、自宅でトレードをする

 

とりあえず、この2点を守ること。

出先でちょっとした空き時間があると魔が差して、エントリーしてしまう、悪い癖です。

絶対に直さないといけないので、次からはしないようにします。